ホワイトニングができない歯の症状解説

ホワイトニング以前に自分の歯の症状を知ろう

ホワイトニングは全ての人ができる訳ではなく、ホワイトニングできない人も存在します。ホワイトニングは歯の表面を強力な漂白剤で研磨します。なのでそれ以前に何かしらの歯のトラブルを抱えていた際にはホワイトニングの施術ができない場合があります。下記にホワイトニング以前に歯の治療をする必要のある症状をまとめました

・歯根の腐り

・前歯の折れ

・歯の日々

・虫歯

これらに当てはまる方は、まずそれらの治療を済ませてからホワイトニングの施術をすることになります。

もし、自分が表面の汚れ以外に何かしらのトラブルを抱えている可能性がある場合は、まずは専門医に相談してみましょう。クリニックも、上記の歯のトラブルもセットで解決できそうなクリニックに相談しに行くのがベストです。

クリニックの選び方は↓

ホワイトニングクリニックの選び方

で記載した通りになりますが、上記の歯のトラブルもある場合はそれらも解決できそうなところを念頭において探してみてください。

オフィスホワイトニングのメリットはズバリその効果の高さ、即効性にあります。つまり、過酸化成分を使用しないホワイトニングクリニックには効果があるのかよく吟味する必要があります。下手したら通常の歯磨き粉で歯を磨く程度の効果が得られない可能性も0ではありません。

引用: http://hirokoshika-clinic.com/8

まとめ

いかがでしたか?自分の歯の症状を把握して、綺麗な歯を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です